ホワイトニングで白くて綺麗な歯を手に入れよう

ホワイトニングの注意点をしっかりと調べて守ろう

綺麗な歯を手に入れよう

毎日丁寧に歯を磨いていたり、市販のホワイトニング薬を使っていても、付着してしまう歯の汚れはとても目立ってしまいます。そのため、歯を白く美しく見せたいと考える人は少なくありません。歯科ではホワイトニングを行うことで、悩みを解決してくれます。

歯のクリーニングの流れを知ろう

口元

歯の表面を綺麗にする

歯の表面にある細かな汚れや歯石をスケーラーと呼ばれる器具を使って取り除いていきます。クリーニングの最後には薬剤を塗るため、この段階で綺麗にしておく必要があります。

歯と歯の汚れを落とす

歯と歯の間、歯と歯茎の間には普段の歯磨きなどでは取り除けなかった汚れが多く付着しています。スケーラーでこの汚れも綺麗に磨き上げます。この作業を行うことで黄ばみの元となっていた汚れを全て除去します。

歯の表面を磨く

歯の表面には細かな傷があります。その傷に汚れが入り込んでしまうとなかなか取り除くことはできません。クリーニングでは歯石や汚れを除去したら歯の表面を磨き上げます。こうすることでツルツルとした表面を作り、汚れをつきにくくします。

歯にフッ素を塗っていく

クリーニングの最終工程では歯の表面にフッ素を塗っていきます。これをすることによって綺麗な歯を保つだけでなく、虫歯や歯周病の予防にもなります。

術後は定期検診を行う

クリーニングを行なった後は、綺麗な歯が完成します。しかし、時間が経つとどうしても白さが後戻りしてしまいます。そのため、定期的に検診を受けるようにしましょう。

ホワイトニングで白くて綺麗な歯を手に入れよう

歯

ホワイトニングには種類がある

歯を綺麗にするホワイトニングですが、この施術には種類があります。急いで歯を白くしたいと考えるなら「オフィスホワイトニング」、時間をかけて後戻りしにくい白さを作りたいのなら「ホームホワイトニング」という風に、自分の用途に合わせてホワイトニング方法を選ぶことができます。しかし、どちらにもメリットとデメリットがあることを知っておきましょう。

男性

ホワイトニングはアフターケアも大事

ホワイトニングの効果は術後のアフターケアが重要とされています。ホワイトニングで白い歯を手に入れてもそのままの状態にしておけば色が戻ってしまいます。術後は定期的に歯のクリーニングやメンテナンスを行うことで、効果を継続させることができます。また、歯科によってはクリーニングとホワイトニングメンテナンスをセットにしたプランなどもあります。

婦人

施術後の注意点をしっかり守ろう

ホワイトニング後の歯はとても着色しやすい状態になっています。そのため、施術後には様々な点に注意をしなくてはいけません。特に着色しやすい喫煙やワインなどの飲み物は控えなくてはいけません。もしも禁煙が難しい、食事会などがあるなどの場合は、きちんと専門医に相談して、対策方法を考えましょう。

綺麗な歯を作り出すには自分自身も頑張る必要がある

自分で対策しても綺麗な歯が手に入らないからと、歯科にお願いする人は多くいます。確かに歯科では綺麗な歯を作り上げてくれます。しかし、その後の自分自身の対策を怠ってしまうと、持続させることはできません。きちんと対策方法を確認して、自分でも白い歯を心がけましょう。

広告募集中